COLUMN & GALLERY

すべて

年号で絞り込む

  • すべて
    • ok
  • 2018
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2017
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2016
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2015
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2014
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2013
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2012
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2011
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok

COLUMN
第8回 テニスUS OPEN編

2002.04.08 Mon

只今NYに滞在し、US OPENの会場に毎日通っています。残念ながら私の担当する森上亜希子選手は例年よりも予選カットラインが高く予選に入ることができませんでした。しかし練習は会場であるUSTAナショナルテニスセンターで行えるので、いろいろと世界の一流選手のトレーニングやウォームアップや試合を見て感じたことを今回は書きたいと思ってます。

まず、トレーニングについてですが、今大会からOFFICIAL HOTEL内だけでなく会場にもGYMが設置されており、練習前、練習の合間、練習後など好きなときに使えるのでとても混み合っていました。そこでまず感じたのは、身体をテニスのONコートの練習以外でFITさせていくというのはもう当然のこととして定着してるなぁということ。つまり有酸素系の運動で心肺機能を高め、適度に脂肪を燃焼させ、ヘルシーな身体をキープしておくというのは当然の行為で、なにも特別トレーニングしているといった感じではなく普通にほとんどの選手が行っていたのは印象的でした。

また昨今のパワーテニス時代の到来でどういったウエイトトレーニングをしているかが結構楽しみではあったのですが、やはりわたしの見てきたNFLやMLBのトレーニングよりはまだ遅れている感がしました。全体的にトレーニングの組み方、種目のフォームなどが粗っぽい印象で、トップクラスの選手でさえも意外と雑なフォームでインターバルなども長く取ったりしていました。そういう点ではNFLのタンパベイ・バッカニアーズで行われていたウエイトトレーニングなどは、インターバルやフォームやプログラムの組み方がテニス界よりは緻密に行われ、洗練されています。USAの人気スポーツのランク順なのでしょうか、やはり人気のあるNFL、MLB、NBAなどのほうが人気に比例してお金が掛けられて研究も進んでいるということなんでしょう・・・ 。

最後にウォームアップについてですが、ダイナミックストレッチ系は徐々に定着してきている印象を受けましたが、もう少し、競技の特性上ウォームアップにもアジリティ系を混ぜて神経系統を刺激してから実際のテニスの動きにつなげたほうがケガの可能性が防げるのではないか、という印象を受けました。全体的に以前に比べるとはるかにSTRENGTH&CONDITIONINGが浸透してきていますが、これから次の段階では先ほど述べたようにコンディショニングの一つ一つがMAJOR SPORTSに見習い洗練されいくのでしょう。

余談ですが、相変わらず日本の男子選手がフィジカル的には一番貧弱に見えました、ほとんどガリガリでとても世界に通用するような鍛え抜かれた身体の持ち主はいなく、ランキングどおり世界との壁をフィジカルでも実感させられました。日本の選手の中では惜しくも負けてしまいましたが、本村選手が良いフットワークをしていたのが印象に残っています、彼ももう少しパワーが付けばもっと良い選手になるのではないかと感じました。

トレーニング契約をしているモデルの長谷川京子さんと。
(トレーニングの模様はまた後日ご紹介します)

株式会社ストロングス
代表取締役
大川達也

MEDIAメディア

メディア関係の皆様へ

本物のスロートレーニングを日々探求し、普及に努めております。

取材・公演・セミナー等のご依頼、Sports+Fieldへの海外キャンプ・海外研修のお問い合わせ

株式会社ストロングス
〒107-0062 東京都港区南青山7-13-5  
TEL 03-5469-3091 FAX 03-5469-3092
E-mail info@strong-s.com

SPONSORSスポンサー

  • HIDEO NOMO
  • NIKE(ナイキ)
  • MIRAI
  • ANTI
  • Sammy
  • SEGA SAMMY GROUP
  • シェラトンシーガイア ジ・オーシャンクラ(フィットネス)

GROUP関連企業

  • STRONG-S SLOW-STYLE GYM Premium(スロースタイルジム プレミアム)
  • ASIA National Strength Professionals Association(NSPAアジア)