COLUMN & GALLERY

すべて

年号で絞り込む

  • すべて
    • ok
  • 2018
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2017
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2016
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2015
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2014
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2013
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2012
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2011
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok

COLUMN
第14回 大川達也のまとめてドッカン!!!〜6月編〜

2002.10.01 Tue

6月某日 ①ボルティモアでマークさんと再会

N.Yからボルティモアに移動する。ボルティモアの空港からレンタカーで、マーク・アサノビッチさんのいるボルティモア・レイヴンズのトレーニングファシリティへ向かった。マークさんは今年からタンパベイ・バッカニアーズからボルティモア・レイヴンズに移ったので、彼に会うのは久々だ。レンタカーのナビ通り車を走らせると、ボルティモア・レイヴンズのトレーニングファシリティが見えてきた。実は、マークさんは今年2月にストロングスが主催したセミナーに来る予定だったが、チームの移籍等のいろいろな問題で来ることができなかったのだ。だから、マークさんとの久々の再会は、とても楽しみだ。彼とは、トレーニング哲学が驚くほど同じで、いつも話が盛り上がる。
いつもながら、僕のためにゆっくり話してくれる英語には、彼の人柄が感じられる。必要なのは、言葉ではなくハートである。だから、僕も必死に英語で会話した。
今回、気になったのは、マークさんはとても元気そうだったが、タンパベイの時のような自分が作ったオリジナルのプログラムが出来ず、少し寂しそうだった・・・。「TATS、お前はやってんのか?」と聞かれたので「オレは、ずっとオレのプログラムをやり続けているよ!」と言うと、凄く嬉しそうにしてくれた。
そして、その後、ドジャースVSボルティモア・オリオールズの試合を2人で観に行った。なんとこの試合のチケットは野茂さんが用意してくれた。前から2列目でマークさんも超感動。アメリカ人のストレングスコーチと2人きりで、メジャーリーグを観るという経験はそうそう出来ないので何か不思議な縁を感じた。
試合終了後、マークさんと別れを惜しみ、野茂さんと合流。部屋でトレーニング開始。野茂さんとは、その時1ヶ月ぶりに会ったので腹筋と背筋をみっちりトレーニングした。

②ボルティモアからタンパへ

ボルティモアからタンパへやって来た。前回でも書いた通り、ドジャースは、東海岸に遠征中で、ボルティモアの次はタンパで3連戦である。野茂さんは、チャーター機。もちろん、僕も一緒に・・・と言いたいとこだけど、一般のいわゆる飛行機で移動。タンパでは、同じホテルに宿泊することになっていたので、そこで合流。野茂さんの凄いところは、ボルティモアでデーゲームを終えて、その後、タンパに移動して来てもすぐにトレーニングを始める。そういうプロ意識には、いつも感心させられる。
次の日も、朝起きてトレーニング。昼食(コロンビア料理)を食べ、野茂さんを球場へ送り届ける。余談だが、去年も同じタンパのトロピカナフィールドに送った時、選手のエントランスが一方通行だったのにも関わらず、野茂さんに「大丈夫です!!!」と言われ、逆走させられた思い出の場所だ。その時、一緒に乗っていたボストン・レッドソックスのヒレンブランド三塁手(今年は、オールスターにも出場)が「お前ら、CRAZYだ!」と目を丸くしていたのが印象的だ。今年も3日間、毎日、そこの球場に野茂さんを送り届けています。
ゲームを観戦し、野茂さんが見事、勝利投手に。その後、ホテルのBARで祝杯をあげ、気分良く寝床へ。とてもいい日だった。

次の日は、先に外で昼食を食べ、再びホテルに戻りトレーニングする。ホテルの駐車場から部屋へ戻る途中、石井投手がプールで遊んでいた。とても好対照だなぁ・・・と思った。

③L.Aで垣原選手とトレーニング

1度、日本に帰国してからL.Aに着いた。まず、最初の目的は、垣原選手とトレーニングすること。垣原選手は、新日本プロレスL.A道場の修行中で、僕にびっちりトレーニングして欲しいとのことでL.Aに来た。久々に会った垣原選手は、少し退屈そうにしていた。さすがに僕が来ると、とても嬉しそうだった。2人で日本食を食べながら、いろいろな話をし、その話の中で新日本プロレスL.A道場には、一応、トレーナーはいるらしいが、ボディビル系のトレーナーであまりよくないらしく、適当に当り障りなくトレーニングしていたらしい・・・。「う〜〜〜〜ん、今時まだボディビルのトレーナーが選手を教えているのかぁ?!」と、あれこれ思ったが、まぁ、僕には関係ないので考えるのを止めた。次の日は、野茂さんのゲームを観に行くことになった。

④野茂さんの試合観戦

次の日、午後から垣原選手とGOLD’Sジムへ行き、もちろんボディビルトレーニングではなく、アスリート用のスロートレーニングをびっちりして身体を追い込み、その後、野茂さんのゲームをドジャースタジアムへ観に行った。垣原選手は、メジャーリーグ初観戦らしく、相当興奮し、のりのりだった。また、大観衆の前で堂々と投げる野茂さんの姿に感動と刺激を受けていたので、僕も「あ〜〜〜〜、連れて来てよかったぁ。」と、思ったものだ。
この日も野茂さんが勝利投手になり、「最高!!!」のゲームだった。

⑤垣原さん、殺人事件で空港閉鎖???

こうしてL.Aで垣原選手のトレーニングと野茂さんのトレーニングを行いながら、過ごしていた僕ですが、いよいよ垣原選手が日本に帰る日がせまって来た。最後の夜、韓国料理屋で夕食を取り、握手を交わして「じゃ、また日本で。」と僕らは別れた。次の日の朝、部屋の電話が鳴ったので出ると
垣原選手からで
垣・・・「今、テレビ見てますか?」
大・・・「いやっ、見てません。どうしたんですか?」
その日はちょうど7/4で、アメリカの【独立記念日】にあたり、以前からテロに狙われるんじゃないか?!という情報が飛び交っていたのだが、その日に L.Aの空港で発砲事件があり、死者が出たため空港が閉鎖されてしまった模様。そのお陰で、搭乗予定だった垣原さんは帰れずじまい。という訳で、またトレーニングをすることになり、2人でトレーニングに出掛け、また食事をする。そして、「今度こそ日本で。」と握手を交わし別れた。
次の日、ドキドキしながら待っていたが、電話がないので「無事に帰ったんだなぁ。」と、ホッと胸を撫で下ろした。
いつもながら、アメリカで生活していると、ホントいろいろなアクシデントに巻き込まれる。でも、そういう時に冷静に対処して乗り切ることが必要だと思う。
“僕もだいぶ強くなりました。”

MEDIAメディア

メディア関係の皆様へ

本物のスロートレーニングを日々探求し、普及に努めております。

取材・公演・セミナー等のご依頼、Sports+Fieldへの海外キャンプ・海外研修のお問い合わせ

株式会社ストロングス
〒107-0062 東京都港区南青山7-13-5  
TEL 03-5469-3091 FAX 03-5469-3092
E-mail info@strong-s.com

SPONSORSスポンサー

  • HIDEO NOMO
  • NIKE(ナイキ)
  • MIRAI
  • ANTI
  • Sammy
  • SEGA SAMMY GROUP
  • シェラトンシーガイア ジ・オーシャンクラ(フィットネス)

GROUP関連企業

  • STRONG-S SLOW-STYLE GYM Premium(スロースタイルジム プレミアム)
  • ASIA National Strength Professionals Association(NSPAアジア)