COLUMN & GALLERY

すべて

年号で絞り込む

  • すべて
    • ok
  • 2018
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2017
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2016
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2015
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2014
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2013
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2012
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2011
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok

COLUMN
第41回 2004年NFLサマーキャンプレポート!

2004.10.06 Wed

今年も始まりましたNFL!
今回は、開幕直前のNFLのサマーキャンプを3ヶ所訪問してきましたので、皆さまにそのご報告をさせていただきます。

まず最初に、タンパから近いこともあって、オーランドのディズニースポーツコンプレックスで行なわれているタンパベイ・バッカニアーズを見てきました。2 年前のスーパーチャンピオンで、去年、調子が悪く出られなかったグルーデンHC率いるバッカニアーズが、今年どんな復活を見せてくれるのか興味もあった し、ウォーレン・サップ、ジョン・リンチ、キーション・ジョンソンといった看板選手がいなくなったので、その穴をどう上手く補充したのかな?ということも 気になるところでした。

バッカニアーズでは、マークさんがいなくなったので立派なパスがもちろんもらえず(泣)、残念ながら一般の観客席で観戦しました。そこで一番印象に残った のは、フットボールのこの時期の練習で、特にタイムスケジュールがしっかり管理されていて、この練習枠は何分とすべて分刻みで、それが終わればまた次の練 習が何分という徹底ぶりで、グルーデンHCの管理の厳しいところが表れているんだな・・・と感じました。
日本と違って、例えば練習している最中に、「これはもう少しやったほうがいい」とか「ものたりない」からと言って、あと何プレイか追加するといったような ことはアメリカでは全くしないのが特徴です。いくらいいところで、もうちょっとやればうまくなるんだろうなぁ・・・という気持ちがあっても、サイレンが鳴 れば次の練習に移るといったあくまでも、スケジュールに沿った行動をします。

そして次は、オールテル・スタジアムというジャクソンビルの本拠地のスタジアムを使って行なわれている、マークさんがストレングスコーチを務めているジャクソンビル・ジャガーズのキャンプに行ってまいりました。
今回は、シーズンキャンプ真っ只中ということで、スクリメージも控えていることもあり、全選手が朝7時から5分刻みでトレーニングルームに集合し、9時 30分くらいまでにウエイトトレーニングが終わるように、もの凄い速さのローテーションでトレーニングを行なっていました。
今回のメニューの特徴は、【マルタイセット】と【シングルセット】の2つのグループに分かれていました。
【マルタイセット】というのは、今までやってきたプロトコルを使ったセットを組み合わせていく方法で、【シングルセット】というのは、プロトコルを使わ ず、ワンセットでオールアウトさせて、それを種目ごとに次々に行なっていく方法のことで、ジャガーズではこれらを交互に行なっていました。

そしてタッチダウン・プロでも触れましたが、下半身の負荷がかかるスクリメージなどのフットボールの練習との兼ね合いを見て、負担が大きくかかる日は上半 身だけのトレーニングだったり、またある時は下半身のみであったり、オフの次の日には全身を行なったりと、あくまでもチームのトレーニングキャンプのカレ ンダーに合わせたシステムをとっていました。
また、今回はこういういったトレーニング方法に加えて、マルタイジョイントのネガティブオンリーも新しくできていました。そして何と驚くべきことに、今回 のジャガーズのキャンプメニューに僕が考えたプロトコル≪チックタック トウ≫が載っているということです!!!これは、日本人としてはNFL史上初の快 挙と言えるでしょう。本当に嬉しくて誇りに思っております。

そして、夕方に練習が終わり、この日は涼しくなった19時頃から観客を1000人以上入れての公開練習となりました。

次の週は、スロートレーニングセミナーでは何回も来日してくれている、ストロングスのブレーンでもあるテッド・ランブリニデス氏と一緒に、シンシナティ・ベンガルズのトレーニングキャンプに行きました。
シンシナティ・ベンガルズは、シンシナティから約1時間〜1時間30分ほどケンタッキー州に向かった、ジョージタウンという小さな街のジョージタウン大学 でキャンプを行なっていました。午前中のフィールドでのプラクティスを見学し、いよいよ2003年の全米ドラフト・ファーストラウンドNO.1ピック 『QB カールソン・パーマー』が、今年からいよいよ先発としてメインで起用されるということで、パーマーを中心としたオフェンスを熟成させているという のがすごく印象に残りました。
また、コーリー・ディロン(NEへ)が抜けたランニングバックも、ルディ・ジョンソンをそのスポットに入れ、僕達がちょうど着いた日に今年のドラフト1位 (26巡指名)のミシガン大のランニングバッククリス・ペリーが正式契約し、ちょうどその日が初日となる練習を精力的にこなしていました。
ベンガルズはジャガーズとは違い、(ベンガルズはマークさんのオハイオ州立大学時代の同級生であるチップ・モートンさんがストレングスコーチをやっている のですけれども)午前中と午後の合間に練習をします。ここのやり方は2種類のメニューがあり、僕らが行った日は下半身のメニューの日で、選手たちは皆、精 力的にこなしていました。

その後は、テッドさんとMLBシンシナティ・レッズを訪れ、ヘッドストレングス&コンディショニングコーチのカルロ・アルバレス氏といろいろ情報交換をしてきました。

MEDIAメディア

メディア関係の皆様へ

本物のスロートレーニングを日々探求し、普及に努めております。

取材・公演・セミナー等のご依頼、Sports+Fieldへの海外キャンプ・海外研修のお問い合わせ

株式会社ストロングス
〒107-0062 東京都港区南青山7-13-5  
TEL 03-5469-3091 FAX 03-5469-3092
E-mail info@strong-s.com

SPONSORSスポンサー

  • HIDEO NOMO
  • NIKE(ナイキ)
  • MIRAI
  • ANTI
  • Sammy
  • SEGA SAMMY GROUP
  • シェラトンシーガイア ジ・オーシャンクラ(フィットネス)

GROUP関連企業

  • STRONG-S SLOW-STYLE GYM Premium(スロースタイルジム プレミアム)
  • ASIA National Strength Professionals Association(NSPAアジア)