COLUMN & GALLERY

すべて

年号で絞り込む

  • すべて
    • ok
  • 2018
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2017
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2016
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2015
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2014
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2013
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2012
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2011
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok

COLUMN
第74回 適正・・・無理はいかん。

2006.07.14 Fri

以前に書いた「再生」というコラムは、結構、反響があり、特にマッサージ業界の方から、「よくぞ言ってくれた!」などの意見を頂いたりもした。

今回言いたいのは、適正な年収である。
その職業には、それなりの適正な収入があり、それを明らかに超えたものを目指したり、あるいはその場合、明らかに無理が生じると言うことは世間の常である。
今、世間を騒がせている日銀総裁の福井氏や村上氏、堀江氏両被告の例を出すまでもなく、一般的には悪いことをしているか?長続きしないか?幸運に恵まれたときなのか?一発当てたときか?などであろう!

例えば、世の中各職業ごとに、医者なら医者の大体の目安があり、教師なら教師、セールスマンならセールスマン、我々=人の体に関わる職種ならそれなりの基準がある。
アメリカを例に出すと、4大メジャースポーツのストレングス&コンディショニングコーチ(トレーニング)、トレーナーなどは、大体キャリアや実績による が、上限はヘッドでほぼ10万ドルくらいで、平均は8〜9万ドル、アシスタントでその半分から少し上の4万〜6万ドルくらいである。
もちろん、そのレベルの人達は全米でも120人程度しかおらず、TOP中のTOPというのは言うまでもない。
最近、パーソナルトレーナーで「高収入を目指せ!1000万も夢でない!」とか煽っている輩がいるが、変に誤解をされるような煽りはやめていただきたいと強く思っている。
まず、パーソナルトレーナー自体で常識の範囲内で稼ぐのであれば、いくら高く値段設定したとしても1セッション10,000円から15,000円くらいが 妥当で、余程VIPのクライアントではない限り、それ以上は無理であるし、わたしはその10,000円以上の価値のあるトレーナーが日本に数多くいるとは 思わない。そうなると、確かに机上の計算では、1日あたり30,000円から40,000円の売り上げを上げれば、売り上げベースで年間1000万という 数字は可能ではある。(年収ではない)
しかし、そこから施設使用料、交通費、その他経費、税金を払って残るのは半分以下というのが、常識的な計算である。

それも、いつも売り上げあげないと・・・とか、病気できない・・・とか?長期に休んだら休んだ分、その月の収入が減ると言う恐怖感との戦いでもある。

そういったまだ成熟しきっていない、この業界、業種の中で、すぐに高収入とか言って煽るのは、風俗や水商売の求人の高収入!!!という触れ込みと何ら変わらない見方をされる。
大事なのは、そういった希望やビジョンを持って実現するだけの、下地、土壌を作るのが先ということであ る。まずはしっかりと、前回の「再生」でも書いたが、自分たちがパーソナルトレーナーとして見合うだけの、しっかりとしたスキルや顧客に対する愛情などを 持ち、その結果、業界自体がレベルアップして、全体の収入自体が上がってくるのである。

何度も言うが、それでないと本当に売り上げ至上主義や、脱税まがいの行為や、価格の高騰、違法医療行為などを助長することになる!!
それだけはなんとしても食い止めたいし、高収入を得たければ、地道に働くのが一番の近道であると言うのは、他の職種同様いうまでもない・・・・。

MEDIAメディア

メディア関係の皆様へ

本物のスロートレーニングを日々探求し、普及に努めております。

取材・公演・セミナー等のご依頼、Sports+Fieldへの海外キャンプ・海外研修のお問い合わせ

株式会社ストロングス
〒107-0062 東京都港区南青山7-13-5  
TEL 03-5469-3091 FAX 03-5469-3092
E-mail info@strong-s.com

SPONSORSスポンサー

  • HIDEO NOMO
  • NIKE(ナイキ)
  • MIRAI
  • ANTI
  • Sammy
  • SEGA SAMMY GROUP
  • シェラトンシーガイア ジ・オーシャンクラ(フィットネス)

GROUP関連企業

  • STRONG-S SLOW-STYLE GYM Premium(スロースタイルジム プレミアム)
  • ASIA National Strength Professionals Association(NSPAアジア)