COLUMN & GALLERY

すべて

年号で絞り込む

  • すべて
    • ok
  • 2018
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2017
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2016
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2015
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2014
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2013
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2012
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2011
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok

COLUMN
第87回 第8回スロートレーニングセミナー

2007.03.20 Tue

皆さんお久しぶりです。
すっかり春らしい陽気になりましたが、いががお過ごしでしょうか?
今回のスロートレーニングセミナーは早々と定員になってしまい、参加することのできなかった受講希望者の皆様、本当にすみませんでした。
スロートレーニングセミナーは実技中心の実践的な内容で、スロートレーニングの良さをお伝えする一番良い手段であり、ストロングスの名物セミナーです。今 回も講師の方々やゲストとして参加してくれたNFLの選手をはじめ、受講者の皆さんと共に汗を流せたことをとても嬉しく思い、良い経験ができたと思ってい ます。

今回は「リハビリにおけるスロートレーニングの応用」と「パーソナルトレーナーに必要なスロートレーニングの知識」というテーマで講義・実技を行いました。
ゲストにはNFLジャクソンビル・ジャガーズのストレングスコーチであるマーク・アサノビッチ氏、NFLシンシナティ・ベンガルズのチームドクターである テッド・ランブリニデス氏、そしてジャガーズの現役選手であるアーネスト・ウィルフォード選手とポール・スパイサー選手が来日し、セミナーを盛り上げてく れました。

今回のマークさんのリハビリスロートレーニングはおもしろかったです!
特にストレングス&コンディショニングコーチとしての経験値という観点から生み出された、トレーニング寄りのリハビリスロートレーニングは、今までの理学 療法とはまた一味二味違っていて、我々の考え方にとても近いものでした。講義の中でも補足させて頂きましたが、経験値というものが現場に一線で立っている 者には、一番の持ち味でもあり、強みでもあります。わたしが野茂選手とずっと一緒にトレーニングをしている経験の中で、医者、理学療法士、トレーナーはこ ういったリハビリでOKとか、これでローテータ−カフが投げるに耐久できるレベルにあるという意見を貰うのですが、やはり経験値でははるかにその理論を超 えるほどの負荷が、投球の腕を振るときにかかっているという結論になりました。そういう経験の中で話し合い、特に日本のピッチャーでは取り入れない、上半 身のトレーニングをやるようになったという経緯があります。
そういう、現場に出て日々選手に接している者にしか感じられない何かと言うものが、今回のセミナーで伝えられてとても良かったと思っています。
わたしは今回オーバーロードプロトコルを本家のマークさんを差し置いて担当し、マークさんにはマニュアル・レジスタンスを担当して貰い、テッドさんには心 肺機能のトレーニングとスロートレーニングを組み合わせたトレーニングを担当して貰い、今までとは少し変えて実技を行いました。
これからも皆さんにとって刺激的で楽しめるスロートレーニングセミナーになるように日々のトレーニング指導を頑張っていきたいと思います。春を迎え、新しいクライアントも増え、充実した毎日を過ごしています。次回の更新も楽しみにしていてくださいね。

MEDIAメディア

メディア関係の皆様へ

本物のスロートレーニングを日々探求し、普及に努めております。

取材・公演・セミナー等のご依頼、Sports+Fieldへの海外キャンプ・海外研修のお問い合わせ

株式会社ストロングス
〒107-0062 東京都港区南青山7-13-5  
TEL 03-5469-3091 FAX 03-5469-3092
E-mail info@strong-s.com

SPONSORSスポンサー

  • HIDEO NOMO
  • NIKE(ナイキ)
  • MIRAI
  • ANTI
  • Sammy
  • SEGA SAMMY GROUP
  • シェラトンシーガイア ジ・オーシャンクラ(フィットネス)

GROUP関連企業

  • STRONG-S SLOW-STYLE GYM Premium(スロースタイルジム プレミアム)
  • ASIA National Strength Professionals Association(NSPAアジア)