COLUMN & GALLERY

すべて

年号で絞り込む

  • すべて
    • ok
  • 2018
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2017
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2016
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2015
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2014
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2013
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2012
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2011
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok

COLUMN
第124回 White Wedding

2008.07.22 Tue

先日、このコラムでも何回か登場したと思うが、NFL JACKSONVILLE JAGUARS のDE の『PAUL SPICER選手』の結婚式に行って来た!行って来たと言っても場所はATLANTAなんで気軽に「来てよ?」「じゃ、行くよ!」と答えられるものでもな いが、2月に日本に来た時婚約者も同伴していて二人に誘われていたので、本気で行くことにした。

人生生きて来てまず、結婚式でATLANTAまで行くことも、NFLの現役選手のそれに行くことも、この先もきっとないだろう!いやないに違いない・・・ なので、とっても遠く旅費もかかったが貴重な経験をしたいというのと、またPAULとの国や人種を超えた友情も参加の理由であった。

式とパーティは黒人が多いということで知られているGEROGIA州ATLANTAで行われ、伝統的な建物「BILTMORE HOTEL」(今はホテルでは稼働していなくテナントでオフィスなどが入っている)の中で1部厳粛な式、2部ウエディングパーティが催された。

式自体は本当に厳粛で雰囲気や進行にどうついていったら良いか?分らず戸惑ったが、なんとか気持ちだけはお祝いムードで
テンションを保ち、時差ボケの睡魔にも負けず無事見届けることができた。
次の日本で言う披露宴みたいなものの前にショートブレイクがあり、つまみや酒が出てわいわい皆がしだしたのだが、さすがにビール一杯でガクっときてソファで思いっきり寝てしまった・・・・。

そして、ようやくパーティが始まった!いきなり新郎新婦入場でなにが始まったかというと、会場の中心部だけ テーブル席が設置されておらずダンススペースみたいになっており、そこで新郎新婦が音楽(ラブバラードみたいなやつ)に合わせずっと、抱きしめ合いながら キスしながら約10分くらい参加者全員に見せつけるのである!!!(写真参照)

いやービックリしました!なんの前触れも挨拶もなくいきなりそれですから!これが一般的なのか?PAULオリジナルなのか?はわからないが、次に新婦と父親→新郎と母の順でまた、踊るというすごいオープニングだった!

ここから特に日本のように二人のなれそめを言う人がいるわけでもいなく、友人代表でスピーチする人がいるわけでもなく、ちょっとしたダンスやアフリカ伝統 音楽みたいなののパフォーマンスなどが行われ、新郎新婦が着席している間に写真撮ったり、話し掛けやお酒を注ぎに行ったりする人も、日本のようにいなく、 意外と淡々と進んでいった。

中盤以降はアメリカ特有というか?なんというか?酔っ払った老若男女が入り乱れ、ただ音楽に合わせひたすら踊っていた!そして恒例のブーケ投げの後、ク ラッシックカーで映画かなんかで皆さんも観た記憶があると思うが、「JUST MARRIED」という看板をくっつけクラクションを鳴らしどこへ行ったか?分らないが去って行きすべて終わった。

本当に体力的にはキツカッタがいい経験をさせてもらったし、お祝いができてうれしい気持ちであった。

最後にひとつ書き忘れていたが、このタイトルにもあるように「WHITE PARTY」が今回の式全体のタイトルですべてこのキーワードをもとに招待状や式のホームページが作られていた。
なので、厳しく参加者は全身白で来なさい!と強く注意書きに書かれていて、私も一見あっちのひとではないかと思うくらいスーツ、シャツ、ベルト、靴とすべて白で揃え参加したのであった(日本では絶対あり得ない服装です)!

MEDIAメディア

メディア関係の皆様へ

本物のスロートレーニングを日々探求し、普及に努めております。

取材・公演・セミナー等のご依頼、Sports+Fieldへの海外キャンプ・海外研修のお問い合わせ

株式会社ストロングス
〒107-0062 東京都港区南青山7-13-5  
TEL 03-5469-3091 FAX 03-5469-3092
E-mail info@strong-s.com

SPONSORSスポンサー

  • HIDEO NOMO
  • NIKE(ナイキ)
  • MIRAI
  • ANTI
  • Sammy
  • SEGA SAMMY GROUP
  • シェラトンシーガイア ジ・オーシャンクラ(フィットネス)

GROUP関連企業

  • STRONG-S SLOW-STYLE GYM Premium(スロースタイルジム プレミアム)
  • ASIA National Strength Professionals Association(NSPAアジア)