COLUMN & GALLERY

すべて

年号で絞り込む

  • すべて
    • ok
  • 2018
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2017
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2016
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2015
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2014
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2013
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2012
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2011
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok

COLUMN
第152回 Nike All-Asia Camp 2009 in Beijing

2009.08.11 Tue

さぁ、次はどこ?? 次は~・・・北京だよーーーーー!!!
と言うわけで、タイトルにもあるように、先日6月18日から中国の北京で開催された『Nike All-Asia Camp (以下NAAC)』に参加してきたのだが、このNAACについて簡単に説明させていただく。
『Nike All-Asia Camp』というイベントはアメリカのNike本社が主催の中国、韓国、台湾、フィリピン、オーストラリア、そして日本のアジア各国から14~18才のヤングエイジのバスケットボールのエリートアスリートを60~70名集めて、全米から招いたスキルコーチやストレングスコーチとNBAのプレーヤー2選手に、中国代表の元コーチなどを加え若いアスリートたちを5日間のキャンプで指導するという、かなり大掛かりな規模のイベントである。更に、このキャンプで実力を認められるとアメリカ本土のキャンプにも参加ができ、NBAへの道に通じるというから、さすが世界のNikeのやることはハンパじゃない!!今、アジアはYao MingやYi Jianlianのように新たな才能を発掘する場として注目されているのも忘れてはいけない。

さて、次はなぜ「Nike All-Asia Camp in 北京」に参加することになったか?だが、私の親友Nakajima GoroさんがNikeのヘッドクオーターでアジアを担当していて、何を隠そうこのNAACを仕切っているのだ。それがきっかけとなり、何かGoroさんの手伝いは出来ないか?と言うことと、私も一度こういったアスリート育成の本格的なイベントを見ておきたいという思いで、初日に行われた「SPARQレイティング」をささやかながら手伝わせてもらうことにしたのである。
偶然にも、アメリカのSPARQからは旧知の仲であるNateが来ていて、ヤツと北京で会えるなんてこれまた粋な感じがした。
私はスケジュールの関係上、初日の練習とSPARQレイティングだけで帰国したのだが、とにかくアジアの若いエリートアスリートたちがデカいのなんの!!そして将来スタープレイヤーとなりうる、ダイヤの原石がたくさんいるのに驚いた。
滞在が短くハードスケジュールではあったが、アジアの現状・マーケットを知ることができたし、Nikeという世界のリーディングカンパニーの気合いの入ったイベントに参加できるという良い機会に恵まれた。

そして、空路で東京へ。

MEDIAメディア

メディア関係の皆様へ

本物のスロートレーニングを日々探求し、普及に努めております。

取材・公演・セミナー等のご依頼、Sports+Fieldへの海外キャンプ・海外研修のお問い合わせ

株式会社ストロングス
〒107-0062 東京都港区南青山7-13-5  
TEL 03-5469-3091 FAX 03-5469-3092
E-mail info@strong-s.com

SPONSORSスポンサー

  • HIDEO NOMO
  • NIKE(ナイキ)
  • MIRAI
  • ANTI
  • Sammy
  • SEGA SAMMY GROUP
  • シェラトンシーガイア ジ・オーシャンクラ(フィットネス)

GROUP関連企業

  • STRONG-S SLOW-STYLE GYM Premium(スロースタイルジム プレミアム)
  • ASIA National Strength Professionals Association(NSPAアジア)