COLUMN & GALLERY

すべて

年号で絞り込む

  • すべて
    • ok
  • 2018
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2017
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2016
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2015
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2014
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2013
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2012
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2011
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok

COLUMN
第157回 新記録

2009.09.04 Fri

これまでの長いトレーナー&コーチ人生で一気に100名近くを指導したことがなかった。しかし先日、いよいよ私の中の歴史を塗り替える日が来た!!それは菅平で行われていた明治大学ラグビー部の夏合宿中にやってきた。

100名ちかくいる明治大学ラグビー部員のストレングストレーニングは、基本的に「A,Bチーム主体のFWとBK」と「C,Dチーム主体のFWとBK」というように分かれて行われている。例えば、菅平合宿では「A,Bの日」50名弱、「C,Dの日」50名弱と、2日間で約100名近くを指導していたのだ。多いときであっても八幡山の合宿所にて、1日に3セッションのトレーニングを実施し、だいたい50名を少し越す程度が一日で指導した最高人数であった。

ところが、手渡された合宿のスケジュールに目を通していたら「全部員を一気に指導する日」が組み込まれていた!!いくら前々からわかってはいても、実際集中力が持つかどうかはやってみないとわからない。とにかく気合だけは入れて指導に臨んだ!!

ご理解いただきたい。100人を指導するといっても、声をかけ手をたたき笛を吹くだけではない。A,B,C,Dと4グループあり、全選手を『限界まで追い込む』のである。そうなると、最低でも各チームに1時間は要する。おまけに・・・、100人全員が同じコンディションというわけではない。中にはいろんな箇所に問題を抱えている選手もたくさんいる。かといって上半身のみ、下半身のみといったような単純なメニュー変更ではすまされない。例えば、右肩が・・・左手が・・・左のハムが・・・などとなってくると、当然ではあるが個々にあわせたメニューや種目を即座に判断し対処していかなければならなかった。結果、約4時間半、休憩無しのぶっ通しでの指導となった。想像していた以上に神経が磨り減っていたようで、終わった瞬間は脱力というよりも、むしろピリピリ感が強く残っていた。

そんな感じで私の中の「新記録」が達成されたのである。今後、このように一気に100人近いアスリートを指導することがあるかどうかはわからないが、非常に良い経験をしたことと新記録を樹立したという意味で、特別な日になったことは間違いない。

余談だが、前日の夜、明治大学ラグビー部OB会の方々から肉などのありがたい差し入れを頂きBBQを行ったのだが、数名の選手が私にお酒を勧めてくるじゃあーりませんか?(笑) 大一番を次の日に控えているのに、コンディションが悪くなる要素のあるアルコール類を飲めるはずがないので、思いっきり断っておきました!自分自身のコンディショニングもきちんとすることが、やはり「一流」のトレーナーとしてとても大事な要素なのです。自分を差し置きアスリートやクライアントのコンディショニングだけでは長くは続きません!100名を一気に追い込むことだってできない!だから私はどんなに忙しくても、必ず毎日、自分自身のコンディショニング&ストレングストレーニングをするのです。

MEDIAメディア

メディア関係の皆様へ

本物のスロートレーニングを日々探求し、普及に努めております。

取材・公演・セミナー等のご依頼、Sports+Fieldへの海外キャンプ・海外研修のお問い合わせ

株式会社ストロングス
〒107-0062 東京都港区南青山7-13-5  
TEL 03-5469-3091 FAX 03-5469-3092
E-mail info@strong-s.com

SPONSORSスポンサー

  • HIDEO NOMO
  • NIKE(ナイキ)
  • MIRAI
  • ANTI
  • Sammy
  • SEGA SAMMY GROUP
  • シェラトンシーガイア ジ・オーシャンクラ(フィットネス)

GROUP関連企業

  • STRONG-S SLOW-STYLE GYM Premium(スロースタイルジム プレミアム)
  • ASIA National Strength Professionals Association(NSPAアジア)