COLUMN & GALLERY

すべて

年号で絞り込む

  • すべて
    • ok
  • 2018
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2017
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2016
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2015
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2014
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2013
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2012
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
  • 2011
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok
    • ok

COLUMN
第34回 マークさんとテッドさんとの交流

2003.09.24 Wed

今年も6月に、吉田コーチのレポートにもあった通り、毎年恒例となっているNFLのトレーニングキャンプを訪問しました。勿論、今回はマークさんが新しく就任したジャクソンビルジャガーズのキャンプも訪問しました。そして、8月にはテッドさんのアレンジで中村コーチがシンシナティ大学、オハイオ州立大学そして、シンシナティベンガルズのキャンプ訪問といろいろなところを訪問し、練習見学や情報交換、あるいは技術の習得などを行ってきました。皆さんは、今まで皆さんなりのいろいろな人生があると思います。そして、必ずあの時にあの人に会っていなかったらどうなっていたんだろう?とかあの人のおかげで今があるといった恩人なりよい出会いがこれを読んでいるあなたにもあったと思います。僕の場合もすごく恵まれていて、今あるストロングスにおけるアメリカの最新のトレーニングを直結させたシステムや情報交換、あるいはプロのキャンプに参加させていただけるといったことは、本当に小さな出会いから広がってきたものなのです。先程の話になりますが、マークさんに出会っていなかったらスロートレーニングというものをどういう形で知ったのか?あるいは、今、現在知らなかったのか・・・そう考えると怖くなったり、ゾッとしたりすることもあります。本当に小さな出会いが、今のストロングスの元になっているということに改めてありがたさを感じる今日この頃です。ただここにきて、ストロングスがNFLのキャンプに参加できたり、トレーニング風景のビデオが回せたり写真を撮ることができたりすることが、本当にまれで凄いことであるにも関わらず、そのことを新しく入ったストロングススタッフには当たり前のように感じられていて、そのありがたみやそこに至るまでの深みがうまく伝わってないことが多くて残念に思うことがあります。

ただ、これだけは言っておきたいのが「世界の一流の人たちと触れあい、そこに出入りができて見学させていただいて一流のコーチと話ができる。」こういったことは、当たり前ではなく、本当に恵まれていることだ!!!ということに感謝していかなければならないと改めて感じた訪問でした。

マークさんとの出会いは、小さなところから始まりました。僕がN.Yヤンキースのタンパのキャンプ地に出入りしていた頃、とてもアメフトのトレーニングに興味があり、いつも隣にある当時のタンパスタジアムという今のレイモンド・ジェームス・スタジアムの前にあった古いスタジアムでトレーニングしているのを知っていて、「あ〜〜〜こっちの練習が見たいなぁ。」と思い、N.Yヤンキースのトレーナーに思い切って、誰か知っている人がいないか聞いてみました。そうしたらアスレチックトレーナーなら知っているので、もし行きたいならその人に話してみてくれるということになりました。僕自身、願ってもみないことだったので、「ぜひ、行ってみたい!!!」と伝え、後日アポを取ってもらいタンパベイ・バッカニアーズの練習見学に向かいました。練習場は、タンパスタジアムではなく、近くのワンバッカニアープレイスという所にありました。アポを取ったのはアスレチックトレーナーだったのですが、興味があるのはもちろん、ストレングストレーニングでした。当時、ミネソタ・バイキングスからバッカニアーズに来たばかりのマークさんと面会し、トレーニング談義をしました。マークさんにも、日本からわざわざトレーニングを勉強しに来たという僕の熱意が伝わったのか、すごくたくさんの話を片言の英語で交わしたのを今でもよく覚えています。
そして2年後に再訪問した時に、スロートレーニングを本格的に教わり、いよいよスロートレーニングの日本への普及活動が始まるのでした!

改めて言いますが、もし僕がタンパベイ・バッカニアーズの練習見学に、あの時に行きたいと思わなかったら・・・またはN.Yヤンキースのトレーナーが面倒がって紹介してくれなかったら・・・あるいはその日にマークさんがお休みだったら・・・マークさんと話せたとしても僕が引っ込み思案でうまくコミュニケーションが取れなかったら・・・などなど、果たしてどうなっていたのだろうか?人生って微妙だと思います。そして、それで得た教訓は先程も話した、「ありがたい」という感謝の気持ちと、もう一つは、悔いの残らないように思い切ってやるということ。そこで例え駄目だったとしても、恥ずかしいのは自分だけであって他のヤツは何とも思っていない。だから、1回きりの自分の人生、後悔しないように思い切って行動するべきなんです。これが大事なんだなぁ・・・と今、ひしひしと感じております。
そして、マークさんとの出会いが、テッドさんを紹介してくれ、テッドさんがノートルダム大学、シンシナティ大学、シンシナティ・ベンガルズ、ケンタッキー大学、オハイオ州立大学・・・といろいろな方を紹介してくれて輪が広がっています。でも、それはマークさんがいなければテッドさんもあり得なかった訳だし・・・。

今回は、マークさんやテッドさんに会って改めて考えさせられたアメリカでした。

MEDIAメディア

メディア関係の皆様へ

本物のスロートレーニングを日々探求し、普及に努めております。

取材・公演・セミナー等のご依頼、Sports+Fieldへの海外キャンプ・海外研修のお問い合わせ

株式会社ストロングス
〒107-0062 東京都港区南青山7-13-5  
TEL 03-5469-3091 FAX 03-5469-3092
E-mail info@strong-s.com

SPONSORSスポンサー

  • HIDEO NOMO
  • NIKE(ナイキ)
  • MIRAI
  • ANTI
  • Sammy
  • SEGA SAMMY GROUP
  • シェラトンシーガイア ジ・オーシャンクラ(フィットネス)

GROUP関連企業

  • STRONG-S SLOW-STYLE GYM Premium(スロースタイルジム プレミアム)
  • ASIA National Strength Professionals Association(NSPAアジア)